アリアンツペット保険
ペット保険

アリアンツのペット保険は、アリアンツ火災海上保険と三井物産が、犬猫の病気、けがの治療費用や第三者に危害を加えた際の賠償責任を補償する「ペット保険」です。


2006年4月から販売されたこの保険は、ペット保険で初めて金融庁の認可を受けた商品です。

ペットの皮下に長さ12ミリ、太さ2ミリ程度のマイクロチップを埋め込み、専用リーダーでデータを読み取る識別法がとられています。

これはペット保険としては初めての試みです。

これにより、ペットが迷子になっても見つけやすくいなりますね。 


医療保険型で死亡は担保せず、保険料は猫と犬、年齢、純血種と雑種、などでかわってきます。

標準的な年間保険料は猫で1万〜3万円台、犬で3万〜8万円台となります。

マイクロチップを使うと5%割引にもなります。

ペット共済への加入は増えてきており、今後もますますペット保険の需要は高まっていくことでしょう。

犬猫のペット保険

犬や猫などのペットが、病気やけがをした場合、動物病院でかかる診療費は、すごい額になってしまいます。

びっくりするぐらいの金額がかかるんですね。


ペット保険とは、そういった万一の場合に備えて入っておく保険です。

さて、ペット保険の内容は、人間の医療保険とほとんど変わりません。

動物病院での通院・入院・手術費用、予防接種等にかかる費用、そして不妊手術や去勢の、全額または一部が保障されるというものです。


さらに、犬が子供にかみついてケガをさせた場合などの「損害補償」に対応しているペット保険もあります。


ペット保険を利用する飼い主が増加する一方で、契約後のトラブルも増加傾向にあります。


ペット保険業者の信頼度をチェックし、保険契約内容を確認してから契約を行うようにしましょう。
posted by ありあんつぺっと at 16:49 | ペット保険とは

ドリームボックス―殺されてゆくペットたち

手を汚さずに、都合の悪い部分を見ずに、猫を捨てる人々に激しい怒りをにはいられない。
ガス殺はアウシュビッツを連想させるし、動物にとってもそれを日々業務として行っている職員にとっても「安楽」でいられないことは明白だろう。苛立ちや諦め、焦りなどが伝わってくる。
「ドリームボックス」が遺物になる日が一日も早くやってくることを願ってやまない。
重さを心に刻むためにも、この本は是非読んで欲しい。読後感はありません。
憤り・悲しさ・悔しさ・情けなさが奥底からこみ上げてくるでしょう。
「まあ、こんなもんでしょう、世の中は」に集約されているかもしれませんが、世知辛い世の中のベース部分として、立場の弱い動物たちを簡単にものを捨てるように扱う人が多くいる、という部分を知るために是非読み、心に留めてほしい一冊でもあります。
posted by ありあんつぺっと at 18:00 | ペット関連書籍

ペットのことばが聞こえますか―動物語通訳体験記

自分を責め、嫌いな病院で一人で逝かせてしまった事を詫び続け、涙を日はない。ペットの死後関連の本も多数読んだが、その時はしっくりしない。

そんな中、題名からあまり期待していなかったこの本に救われた。

予想に反し,これから逝こうとする者、そして逝ってしまったペットの気持ちに関するそして、意味をペット自身が語っているからだ。事はできないかもしれないが、きないが、ペットの気持ちが気になる方は試してみては? 

今思えば、猫が体調を崩す少し前に、私が子供の頃、通りすがりになでて老猫が死に向かう様子を何度も思い出すことがあった。

あれが愛猫からのメッセージだったのかもしれない。
愛猫は天国から訪ねてきてくれます。
posted by ありあんつぺっと at 16:00 | ペット関連書籍

アニマル・コミュニケーター

飼い主から「今よりも快適にしてあげるにはどうしたらよいか」だそうです。!子供のころドリトル先生のようになりたいと思ったものですが、著者は「言葉」ではなく「映像」の送受信でコミュニケーションをはかるそうです。


安楽死など、、、

生きる事自体への真摯な態度は、動物を含む全てのものへの愛情現れとしてそのまま作者の人柄を表すものです。
おり、動物好きには必読??
posted by ありあんつぺっと at 16:00 | ペット関連書籍

「年金」がアッという間にわかる本

年金科目に悩む社労士受験生のバイブルとして有名。社労士受験生向けに書かれているだけあって、解説が丁寧なのはだが、「昭和36年と61年の 2つをまず押さえろ」に代表されるように、憶えるべきポイントが上手く系統化されている点が秀逸。試験合格後も、法改正事項を追うのに重宝する一冊。

平成16年改正のうち平成19年4月施行分までが本文中に反映されている。

社会保険労務士試験受験者を対象として、複雑な公的年金制度を「理解」するために書かれたテキスト。
posted by ありあんつぺっと at 15:00 | 関連書籍
アリアンツペット保険のTOPにもどる
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。